フットケア

糖尿病フットケア
どんな足のトラブルでもおまかせください!!
靴擦れやマメやタコができたり、足のさまざまなトラブルにお悩みの方は多いのではないでしょうか。基礎疾患のある方は、足のトラブルが病気による重要なサインの場合もあります。
何科を受診すればよいか迷われている方も多いかと思いますが、まずはたけのしたクリニックへご相談ください。
経験豊富な医師とスタッフが在籍し、これまで福岡市内でNPO法人「足もと健康サポートねっと」にも参加してきたこともあり、足全般に関するご相談を受けることが可能です。

糖尿病フットケア

糖尿病患者さんの足の現状をご存知でしょうか?
実は世界では20秒間に1つの足が糖尿病の為に切断となっています。
糖尿病の方は、「運動しましょう」とこれまでに言われたたことはあると思いますが、運動する前に足のチェックを受けたことはありますか?実は運動する際には「足をよく観察」することが推奨されています。(糖尿病診療ガイドライン2016 P73 Q4-5「ステートメント」5段目) ご自分で足をみて、足の病気になりやすいか、なりにくいかを判断するのは非常に難しいです。福岡の六本松にある福岡市科学館に行かれたことはありますか?そちらの3Fには株式会社ASAHIシューズのブースがあり、「子供に多い足のトラブル」の原因が書かれています。(2018年8月時点)「外反母趾」「内反小趾」「開帳足」「ハンマートウ」「陥入爪」などです。実はこれらは糖尿病患者さんに生じると下肢の切断につながる可能性を秘めているものです。ご自身でこれらを理解するのは難しいかと思います。是非、足をみせてください。もし、必要があれば靴や中敷き(インソール)をお勧めします。例えば、重症の糖尿病神経障害(「しめじ」の項目をご参照ください)がある患者さんに、タコ(医学的には胼胝といいます)が存在する場合は一般の方よりも切断につながる足の潰瘍になる確率は11倍というデータがあります(Diabetic Med 1996)。糖尿病の方にとっては、「たかがタコ(胼胝)、されどタコ(胼胝)」です。

糖尿病と足病変の関係

「糖尿病足病変(Diabetic foot)」という病変を聞いたことがありますでしょうか?世界保健機関(WHO)では「神経障害や血流障害を伴った下肢の感染症や潰瘍及び深部組織の破壊病変を示すとされています。
日本では、それほど多くはなく、糖尿病患者さんの足えそ(壊疽)の有病率(病気を持っている人の割合)は1%前後ぐらい(欧米では2~10%)で、糖尿病専門病院にかかっている方の切断率は年間0.05%(欧米は約0.3%前後)と言われています。

しかし、現在日本の糖尿病足病変で問題となっているのは、高齢化と透析患者さんの四肢切断です。透析患者さんの四肢切断数の割合は2014年には3.7%との報告が日本透析医学会より示されています。これは年々増加医傾向にあります。「しめじ」の項目にも記載しておりますが、透析患者さんの多くが糖尿病をお持ちです。糖尿病からの透析患者さんは切断率が高いのが現状です。この切断率を減らすために国は下肢末梢動脈疾患指導管理加算を2016年に新設し透析施設では近くの基幹病院と連携することで、足のチェック(フットチェック)をする機会が増えました。これは今後透析患者さんの下肢切断をかなり減らすことができるようになる非常に重要な部分だと思います。
しかし、透析が必要になる前が非常に重要です。多くの場合、透析が必要にはなっていなくても糖尿病腎症が進んだ状態になると、足のむくみなどの症状が出てきます。そのときには多くの場合、最も早期に出現する合併症である、糖尿病神経障害は非常に進行している状態です。どういうことかというと、既に足の感覚はかなり落ちている可能性が高く、足の病気(糖尿病足病変)になっても痛みがないので気付かない状態になっていることがあります。更に、腎臓の病気で足がむくんでいると一度傷が足にできてしまうと治りにくい状態になります。つまり、下肢の切断の危険は潜んでいるためそのころから、ご自身の足がどうなっているかを知っていただく必要があります。

また、現在日本は超高齢化社会を迎えています。「ピンピンコロリ(PPK)」とよく言われますが、できれば、寝たきりで過ごすよりも、家族に迷惑をかけずに過ごしたいと思われている方がほとんどではないかと思います。そのPPKで行くには健康寿命を延ばす必要があります。健康寿命を延ばすには、歩けること、つまり歩行を保つことも非常に重要ではないでしょうか?実は糖尿病患者さんは転倒することが多いと言われています。転倒すると、骨折場所によっては寝たきりになってしまいます。なぜ糖尿病の方が転倒しやすいかと言いますと、神経障害です。神経障害があるとバランスが悪くなったり、足の(下肢の)筋力が低下しやすくなります。これは、最近出てきた医学用語である「ロコモーティブシンドローム」、「フレイル」、「サルコペニア」といった病気と関連します。
当院では糖尿病足病変治療(足潰瘍や傷のある患者さんも含めて)をこれまで多数経験してきた医師及び糖尿病患者さんのフットケアを多数経験している看護師も在籍しております。また、筋肉量を測定するために「Inbody」という機器を使用し転倒の危険性や、足の病気になる前の予防指導を行っております。
足病変の主な症状
□しびれがある
□足が冷たい、ほてる
□足がよくつる
□足が痛い、しびれる
□皮膚や爪の色が悪い
□皮膚が乾燥している
□傷が治らない
□膿が出る
自分でできるフットケア
□毎日、足を観察しましょう
□足を清潔に保ちましょう
□爪は切りすぎに注意し正しく切りましょう
□自分の足に合った靴を履きましょう
□靴下を履きましょう
□やけどやケガに注意しましょう
□定期的に受診し、ひどくなる前にケアしましょう

しもやけ(凍瘡)

肌が露出している頬や鼻、耳、手足の指などに起こりやすい「しもやけ」。特に手足の指が赤紫色になってウインナーのように腫れあがり、ジンジン、ムズムズするような痛痒さがあります。ひどくなると水ぶくれや潰瘍になることもあります。
また、しもやけだと思っていても、足の血管に血流障害がかくれている場合もあります。当院では、ABIやTBI(血圧脈波検査)といった血流の検査ができます。たかがしもやけだと思わず、ご遠慮なくご相談ください。
しもやけ

しもやけの原因

しもやけの原因は、寒暖差による血行障害です。
最低気温が5℃前後になり、一日の気温差が10℃を以上になってきたら要注意です。真冬よりも初冬や春先など、気温差が大きくなる季節に多くみられます。暖房の効いた部屋と屋外の温度差も、しもやけを発症しやすくなり要注意です。(暖房の効いた部屋では靴の中が蒸れてしまい、そのまま寒い屋外へ出ると靴の中でかいた汗が乾くときに急激に冷えて、靴の中で寒暖差が生じてしまいます。)
手足が冷えると、血管を収縮させて皮膚表面の温度を上げようとします。また、温まると血管を広げて皮膚表面の温度を下げるように働きます。寒暖差が激しいと、この状態が何度も繰り返され、調節機能がうまくいかなくなり血行障害や炎症が起こります。これがしもやけです。毎年、しもやけになるという方でなくても、寒暖差の激しい季節には、しもやけになる可能性があります。また、しもやけ体質は遺伝することがわかっています。

しもやけの予防

起こってしまうとツライしもやけは予防が大切です。血行を良くして、皮膚のバリア機能を高めましょう。
■外出時は防寒と保温に努めましょう。
マフラー、手袋、帽子、保温性のある靴下やレッグウォーマーなど。
カイロも有効ですが、糖尿病患者さんの足への使用は低温火傷の危険性があるため厳禁です。
に注意しましょう。
パンプスや男性の皮靴など先の細い靴や、ふくらはぎから足全体にフィットするブーツなどは足の指先が圧迫され血行不良を起こしやすい状態になります。つま先を締め付けるような窮屈な靴は避け、蒸れにくい靴を選びましょう。
靴を履く前に、足を30秒ほど揉むだけでも足先の血行が良くなります。
湿気を避けましょう。
靴下は血行不良を起こさない汗を吸い取る5本指靴下や、蒸れや冷えから足を守る保温性のある靴下を選びましょう。湿気た靴下は足を冷やします。すぐに履き替えましょう。
水仕事や手洗いの後、濡れた状態でいると水分が蒸発する際に、急激に冷えることで寒暖差が生じ、しもやけが起こります。水分をしっかり拭きとり、保湿クリームを塗って皮膚を保護しましょう。
保湿しましょう。
普段からハンドクリームなどで保湿されている方も、さらに血行改善効果のあるヘパリン類似物質が入ったクリームやビタミンEが入った塗り薬に変更しましょう。当帰四逆加呉茱萸生姜湯などの漢方薬やビタミンEなどの内服薬が効果的な場合もあります。ぜひご相談ください。
栄養バランスの良い食事をしっかり食べましょう。
ピーナッツなどのナッツ類や植物油、ほうれん草、かぼちゃ、アボカド、卵黄など)。緑黄色野菜に多く含まれるベータカロチンやビタミンCはビタミンEの吸収率を上げてくれるので一緒に摂るのがおすすめです。
ゆっくり湯船につかりましょう。
入浴はシャワーで済ませずに、ぬるめのお湯(37度くらい)にゆっくりつかりましょう。高い温度のお湯は、急激に血管を広げるうえに入浴後は身体が冷えるのが早いため血管が収縮し、肌も乾燥しやすくなります。しもやけの症状が強くなる可能性がありますので、注意が必要です。

巻き爪

糖尿病や高脂血症、高血圧の方々や、ご高齢で筋肉を維持しないといけないときに、私たちは運動をおすすめしますが、巻き爪があると痛みで運動ができません。
そのような場合は、運動する前に爪の治療が必要になります。
なかなか、フットケアサロンに行けない方限定で、当院で巻き爪治療を行っています。(自費診療)

巻き爪の治療

■マチワイヤー
■VHO(3TO)
1爪 5,500円(税込)
(別途初診料や再診料がかかります)
巻き爪
VHO(3TO)による治療