医師紹介

院長 竹之下 博正

こんにちは。この度西区マリナ通りに開業させていただくことになりました。
医師として内科医を選んだ時に、何でも診られる凄い師匠(今で言うジェネラリスト)に出会いました。そんな医師に憧れ、診療しているうちに「糖尿病という病気の支援にはアーティスティックな要素が必要」と言った別の師匠に出会い、糖尿病専門医を目指すようになりました。そこで、糖尿病患者さんが足切断になっている現状に直面し、「そんな時に内科医は何かできないか?」と思い、循環器診療を学んだあとに足病の治療を学びに京都へ国内留学をさせてもらいました。そのころから、糖尿病合併症の予防をテーマとして診療をしております。福岡ではNPO法人「足もと健康サポートねっと」の活動も行っております。
糖尿病合併症予防は医師だけではできません。病気に精通したスタッフと共に、医療機関だけでなく、保健師や調剤薬局薬剤師とチームを組んで、患者さんの生活の舞台である地域を考えながら診療していくことが大切です。これは唐津地域での診療で学びました。
私自身これまでも、多くの先生方や患者さんとの出会いに助けられ、内科・糖尿病の専門医として成長させていただきました。もっと患者さんの近くで共に歩む医療を提供できないかと思い、開業させていただきました。病気があっても共に楽しい人生を歩んで行けるような支援をしていけるクリニックを目指します。また、患者さんはもちろん、私たちも共に成長し、楽しい未来を創るクリニックになれるよう努めて参ります。
院長 竹之下 博正 たけのした ひろまさ
院長 竹之下 博正

プロフィール

宮崎県の都城育ちです。お会いしたことはありませんが、「どげんかせんといかん」と言われた方が、中・高の先輩のようです。趣味はランニング・キャンプ・釣り・料理(運動会のお弁当は2年連続作りました!)・ドラム(初心者)です。年1回はフルマラソンの大会に出る事を義務としております。
体を動かしながら美味しいものを食べられる。そんな患者さん達が集まれる会を作りたいと思っています!!
院長 竹之下 博正

職歴

2003年3月 福岡大学医学部卒業
2003年5月 福岡大学医学部第一内科(血液・腫瘍・糖尿病内分泌・感染症内科)
2005年4月 福岡大学病院 血液・糖尿病科 医員
2006年11月 千早病院 循環器科(心臓及び下肢血管治療の研修)
2008年4月 国立病院機構 京都医療センター糖尿病センター
(糖尿病足病変を中心に内科・血管外科・皮膚科などで研修)
2009年4月 福岡大学病院 内分泌糖尿病科
2010年4月 同科 助教
2013年4月 唐津赤十字病院 内科
2014年4月 佐賀大学プロジェクト研究所:糖尿病足病変予防戦略研究所 客員研究員(兼任)
2017年4月 唐津赤十字病院 第三内科 副部長
2018年4月 唐津赤十字病院 第三内科 部長
2018年10月 たけのしたクリニック 内科・糖尿病科 開院

資格

日本内科学会認定医
日本内科学会 総合内科専門医
日本糖尿病学会 糖尿病専門医

所属学会

日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本循環器学会
日本下肢救済足病学会

得意分野

フットケア
糖尿病重症化予防

副院長 竹之下 真智

2019年4月より副院長となりました、竹之下 真智と申します。 2003年に福岡大学を卒業後2年間の研修を終えてクリニックでの外来診療や健診、病院での内科疾患の診療などを行ってまいりました。 院長と共に地域の患者様の健康的な毎日を創り、信頼されるクリニックになれるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 家庭では3人の子供の子育てに奮闘中です!!
副院長 竹之下 真智 たけのした まち