一般内科

風邪(感冒)

上気道と言われる、鼻・のど(咽頭、喉頭)の症状が出ます。主な症状は、鼻水・鼻づまり、咳、のどの痛みです。人それぞれ、症状や徴候が様々です。上気道の感染症は約25%が細菌性ですが、残りのほとんどがウイルスによるものです。ウイルスには抗生物質(抗菌薬)は効きません(細菌には抗生物質は効果があります)。かぜに抗菌薬を処方する事は、抗菌薬の耐性菌(抗生物質が効かない細菌)を増加させる原因となりますので、抗菌薬は使用しません。 かぜ(感冒)の方の数%にウイルス感染後に細菌感染を生じる事(二次性の細菌感染)があります。特に幼児・高齢者・慢性疾患をお持ちの方などが要注意です。
風邪(感冒)とインフルエンザの違い
  インフルエンザ 風邪(感冒)
病気の出方 急に高熱を伴って発症 徐々に
症状 頭痛・腰痛・関節痛・全身のだるさ・などの全身の症状が強い。軽い消化器症状(吐き気、嘔吐、下痢など)も伴う。 鼻炎症状、のどの痛み、頭痛など全身症状は少ない。37℃台の発熱が多い。

発熱

熱は多くの場合、風邪などの感染症の場合があります。しかし、長く続く発熱には、感染症の時もありますが、悪性腫瘍や膠原病といった病気の場合もあります。
発熱

喉の痛み

咽頭炎のほとんどはウイルスによるものです。
原因の重要なものに溶連菌(A群β溶血性レンサ球菌)による感染があります。この菌は急性糸球体腎炎(腎臓の病気)急性リウマチ熱(心臓の病気や関節炎などを伴う病気)と関連しています。これは主に5~15歳の小児の病気です。
原因ウイルスの種類は、ライノウイルス・コロナウイルスが大部分でインフルエンザウイルス・パラインフルエンザウイルス・アデノウイルス(結膜炎の症状(眼の症状)が1/3ぐらいにでる)などがあります。頻度は少ないですが、EBウイルスや単純ヘルペスウイルス・コクサッキーウイルス(ヘルパンギーナ)などもあります。細菌の種類はレンサ球菌・淋菌・ジフテリア菌・梅毒などがあります。
喉の痛み

咳は実は、気管や気管支の分泌した物質や異物を取り出すための体の防御反応です。
気道の炎症(感染症、喘息など)、狭窄(気管支癌やカルチノイド腫瘍など)、浸潤(サルコイドーシスや結核など)、圧迫(大動脈瘤やリンパ節腫大など)といった障害が引き起こしたり、肺の病気(肺炎・肺膿瘍・心不全)、薬によるものなどがあります。
咳

咳の持続期間による分類

急性の咳(3週間未満)・・・上気道感染症(かぜ、副鼻腔炎(ちくのう)、百日咳)、肺炎、肺塞栓、心不全
亜急性の咳(3~8週)・・・ウイルス、百日咳、マイコプラズマ、クラミジア、感染後咳嗽、後鼻漏
慢性の咳(8週間以上)・・・慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支癌など
他には喘息、逆流性食道炎などもあります。

喘息

当院ではネブライザーを使用した喘息発作時の治療が可能です。急性増悪時(発作)の状態によっては高次機能病院への紹介を行います。

胸痛

胸の痛みと一言にいっても、意外と沢山病気があります。よく知られているのは心臓の病気で、狭心症や心筋梗塞、肺塞栓症(エコーノミークラス症候群の状態)、気胸、大動脈解離など命を脅かす病気があります。他にも実は、逆流性食道炎などの消化器疾患などの事もあります。

嘔吐

吐き気・嘔吐があるときついですよね。原因は多岐にわたります。一般的には感染症(感染性胃腸炎)などがありますが、高血糖などの代謝疾患、電解質異常(ナトリウムなどの異常)、実は心筋梗塞でも嘔吐や吐き気が患者さんの訴えの中心であることもあります。
嘔吐

下痢

数週から数日に発症した場合には多くは感染症の場合があります。しかし、長期にわたる場合は過敏性腸症候群や、他の消化管の病気などの事もあります。
下痢

インフルエンザ

高熱や関節痛などがある場合は要注意です。
インフルエンザ

内分泌疾患(ホルモンの病気)

甲状腺の病気が一般的に多いです。甲状腺ホルモンが少ない場合は、元気がでない、足がむくむ、体重がふえる(減らない)、だるいといった、ややはっきりしない症状がある事があります。甲状腺のホルモンが多い時は、動悸、微熱がつづく、何もしていないのに痩せる、眼が出てくるなどの症状があります。
副腎というところから出てくる、コルチゾールと言ったホルモンが少なくなると、元気が出なかったり、疲れやすい、ナトリウムという電解質の値が低いなどの所見がある事があります。
他にもたくさんのホルモンの病気があります。